GALLERY&VOICE

施工事例・お客様の声

「今の暮らし」と「これからの暮らし」、両方を大切にした家づくり

青森市 S様

「キッチン、階段、床の色…こだわった部分がたくさんありすぎて、どれから話していいか…」
と笑顔で話してくれたS様のD-BASICは、家族の想いと温もり溢れる、あたたかいお家になりました。

住宅を建てる上で「三角屋根」は奥様の絶対条件

青森では珍しい三角屋根は、岩手県出身である奥様のご希望。

「私が青森出身ではないので、無落雪の屋根にどうしても抵抗があって。小さいころから三角の屋根の家で暮らしてきたから、真四角の家はどうしてもアパートのような感覚があって“自分の家”っていう気がしなくて…。」と話す奥様。

この屋根に関して、最初は青森県出身のご主人とは意見が分かれてしまいましたが、最終的に奥様の意見を採用したことで、見た目も可愛らしくレンガの外壁が似合う、洋風でオシャレな外観になりました。

自分達が大切にしたいことは妥協しなかったマイホーム像

土地はこのくらいの広さが欲しい、廊下は広く、書斎も欲しい、床やキッチンの色は絶対にこうしたい…など、しっかりと思い描くマイホーム像があったS様ご夫婦。一生に一度の家づくりなので妥協はしないと決めていました。
「まず、希望の場所に、希望の坪数の土地を探すことが大変でした。階段の配色も悩んだり、キッチンのクロスも私の理想通りにするにはオプションの追加になったりもしたけど、完成した家を見たら、やっぱり小さなことでも妥協しないで良かったなって思います。」

今だけではなく、将来を見据えた家づくりがしたかった

S様ご夫婦が家づくりで大切にしていた考えが、「将来の暮らしも見据えた家づくり」をすること。広さも間取りも、これからの家族や暮らしの変化に対応できるよう考えぬいて決めました。
親戚や友人から“若い夫婦なのにずいぶん大きな家建てたね”等と言われることもあるというS様ですが、この先お子様が増えることや、これからこの家で楽しみたい様々なことを考えながら、その時になって増築やリフォームをしなくてもいいようにと、将来のことも視野に入れて家づくりをしました。
子供部屋は中央の扉使いで、2つの部屋に仕切れる間取りに。小さいうちは一緒の空間で仲良く、大きくなってからは別々に独立した空間に出来るのが、お子様にとっても嬉しいですね。

  • WEB予約キャンペーン
  • WEB予約キャンペーン