BLOG COLUMN

ブログ・コラム

家づくりコラム

2021.06.08

いいね 2

【家づくりコラム】気密と断熱の話

宮城県でお家づくりを検討中のみなさま
こんにちは!大進建設です^^♪


仙台も、もうすぐ梅雨入り?
梅雨が明ければ、夏がやってきます。

暑い夏も、寒さが厳しい冬も1年中快適に過ごしたい!
快適なお家づくりのため、住宅の性能について調べていると、「高気密」「高断熱」
こんなキーワードをよく目にしませんか?

昔の日本の住宅ではこの気密や断熱についてあまり考えられていませんでしたが、
近年お家を建てる上では欠かせない性能になっているのです。

大進建設の家も、「気密」と「断熱」を重視してつくられた「高気密・高断熱」の住宅です。

では「気密」と「断熱」って、一体どんなことなのでしょう。
「高気密・高断熱」だと、なにがいいのでしょうか?

ーーーーーー断熱とは?ーーーーーー


文字通り「熱」を「断つ」ことです。

住宅において、夏場は熱が家の中に入り、冬場は夏が家の外へ逃げていきます。
この熱の流れを断たなければ、夏は暑く冬は寒い室内になってしまいます。
そこで、家を「断熱」することで、夏は熱が室内に入るのを防ぎ、冬が熱が外に逃げるのを防ぐのです。

冬の寒い日に、セーターを着るのと似ています。
セーターを着ると自分の体温が保温され、とても暖かく感じますね。
家を保温、断熱するためには、「断熱材」が必要です。
この「断熱材」にも様々な種類があり、それぞれ素材や性能が異なります。


ーーーーーー気密とは?ーーーーーー


では、気密とはなんでしょう。
気密は、「空気の流れを遮断する」ことです。
寒い日にセーターを着て外へでても、網目の隙間から冷たい風が当たると寒いですね。
そこで風を通さないよう、セーターの上からコートやジャンパーを着て防寒します。



住宅もこれと同じで、いくら断熱材で室内を保温していても、家に隙間があると、空気と熱が出入りしてしまうのです。
そこで隙間を無くして気密性を高めるための施工が必要になります。
密度の高い断熱材を使用したり、気密シートや気密テープを使う場合もあります。

「気密」と「断熱」はセットで効果を発揮するもので、
どちらかが欠けると、高性能な家とは言えなくなります。



大進建設全棟で採用している断熱材「アクアフォーム」は自己接着力がある素材で、
躯体にピッタリとすき間なく、くっつきます。
「断熱」と「気密」の性能を両立した断熱材です。

夏は涼しく、冬は暖かい、いつでも快適なお家づくりに欠かせない「気密」と「断熱」。
高気密・高断熱の家ではエアコンも効きやすくなり、エコで省エネです。
高気密・高断熱の家の快適性を体感してみたい!という方は、
お気軽に、大進建設の展示場にお越しくださいね(^▽^)/

いいね 00000